痛くない親知らず抜歯|群馬県邑楽郡千代田町、大泉町、邑楽町、明和町の歯医者・歯科|ちよだの森歯科診療所

大型無料駐車場完備

バリアフリー

キッズコーナー

診療時間

歯科医師求人募集

無料相談・セカンドオピニオン・訪問歯科診療対応

0276-86-8838

群馬県邑楽郡千代田町赤岩1729-1篠塚駅15分

痛くない親知らず抜歯

「親知らずは抜くべき!」は不正確な情報です

痛くない親知らずの抜歯

昔から「親知らずは早く抜かないと後で大変ですよ」と言われてきました。これは必ずしも間違いではありませんが、全ての親知らずのケースに当てはまるわけではありません。早めに抜いておいた方が良い親知らずもあれば、むしろ抜かずに置いておくべき親知らずもあります。現在では、一般的に「親知らずは残せるならば残しておくべき」と判断されています。時代の流れと共に新しい治療法も生まれていきますので、昔からの教えにとらわれるのではなく、今何が正しいのかをその時々の専門家に尋ねてみることが大切です。

残すことでどんなメリットがあるの?(親知らずの再利用法)

将来的な移植の可能性

親知らずを抜かずに残しておくと、治療の一つの選択肢として次のような処置を講じることができます。

このように、親知らずを残しておくと、お口環境でトラブルが生じた際に治療の選択肢が広がるというメリットがあります。親知らずは人工の歯とは異なり、お口環境に違和感なく馴染む完璧な素材ですので、当院は「抜くべき状態にある親知らずでない場合は残す」という選択をさせていただいております。

移植できる親知らず?できない親知らず?

親知らずを移植するためには、親知らずの歯の根っこ部分の形状や大きさなどの見極めポイントがあります。また移植先との適正も判断しなければなりません。

ぜひ一度当院へお越しください。ベテラン医師が移植の可否を含め診察させていただきます。

抜くべき状態にある親知らずとは?

親知らずは抜くべき

成長が見込めない親知らずで、歯ぐきから一部のみ見えているもの

歯ぐきから一部のみ露出しているような親知らずは、ブラッシングが難しく周辺環境を清潔に保ちづらいというデメリットを生みます。もう成長が見込めないと判断できるケースでは、歯周病や虫歯リスクを回避するために抜歯しておいた方が良いでしょう。

親知らずが手前の健康な奥歯を強く押している時

横向きに生えている親知らずのようなケースでは、噛み合わせ上必要となっている一番奥に位置している健康な奥歯を強く押してしまうことがあります。このような場合は、痛みの有無に関わらず将来の歯並びに悪影響が出ますので抜いておくべきです。

親知らず周辺に嚢胞(のうほう)が認められる場合

嚢胞とは膿の固まりのことで、レントゲン写真を撮った時などに袋状の影として映ることがあります。放置すると親知らずの成長と共にその膿がお口環境に悪影響を及ぼす可能性がありますので、親知らず近辺に嚢胞がある場合は抜歯をオススメします。

親知らずが噛み合っておらず、歯ぐきなどを傷つけているケース

親知らずが噛み合っていない場合は、歯ぐきや頬の粘膜を傷つけてしまうことがあります。また放置した場合に「顎関節症」に発展する可能性もあります。このように、噛み合わない親知らずについてはリスクの方が強くなりますので抜歯をオススメします。

重度虫歯にかかっている親知らず

親知らずはお手入れがしにくいという関係上、どうしても虫歯になりやすいという性質があります。重度の虫歯にまで発展してしまった親知らずについては、残しておいても移植素材としての価値がありません。迷うことなく抜歯すべき親知らずと言えます。

意識すべきは?抜歯する時の痛みVS.抜歯後の痛み

親知らずの抜歯の痛み

「親知らずは抜く時に痛い」というイメージがありますが、これはなかなか抜けない親知らずと格闘した際の患者さまの頑張りが「痛み」に転換されて語り継がれるケースがあるためだと思われます。実際の親知らずの抜歯は麻酔環境で行なうものですので、抜く行為自体に痛みを感じるようなことはほとんどございません。むしろ、痛みを感じ得るのは抜いた後に麻酔が切れてからの話になります。

抜く際に時間を要するような「食い込みの大きな親知らず」の場合、抜いた後に痛む可能性が一定程度ございます。このため、事前の患者さま心理としては「親知らずを抜歯する時の痛み」に焦点を当てるのではなく、「抜歯後の痛み」に対して少し意識しておくと良いということになります。ただしこのような抜歯後の痛みについても、必要に応じ痛みを緩和する処置を実施いたしますので、強いご懸念までは不要です。

抜歯に要した時間と術後の痛みの関係性

時間と痛みの関係性親知らずの抜歯に時間を要する場合、術後に痛みが出る可能性も大きくなります。これは横向きに生えていたり、食い込みの大きな親知らずの場合、抜歯によってできる穴も大きくなり、顎骨が空気に触れるリスクも一定程度高まるためです。

当院には、親知らずの抜歯に関して経験豊富な医師が在中しています。厳格な抜歯シミュレーションと共に負担の少ない抜歯ルートを選択させていただきますのでご安心ください。

ドライソケットという強烈な痛み!?

ドライソケットドライソケットとは、本来抜歯後にできた穴に血の塊が覆いかぶさってカサブタのような役目を果たすところ、何らかの原因でこの血の塊が外れてしまい、顎骨が直接空気に触れることで強い痛みを生じる現象です。

理由としては、「抜歯後にうがいをしてしまう」「お食事の際、大丈夫だと思い普通に噛んでしまう」などが考えられます。ドライソケットを生まないためにも、術後の担当医の指示にはよく耳を傾けるようにしてください。

親知らずを抜くことと小顔効果の関係?

小顔効果

結論からお伝えしますと、「親知らずを抜くことによって小顔になれる」というようなことはございません。厳密なところでは、下顎に深く食い込んだ親知らずを抜いた場合、エラ部分の顎骨が一定程度吸収されますので数ミリレベルでエラ部分が薄くなるという可能性はあります。

ただし、見た目にはっきりとわかるものではなく、親知らずの角度などによっても顎骨の吸収度合いも異なります。このため、小顔になることを狙って親知らずを抜こうという判断は適切だとは言えません。親知らずを抜くべきか残すべきかは、医師の診察に委ねることをオススメします。

群馬県邑楽郡近郊で親知らずの診察・抜歯をご検討中の方へ

親知らずの診断や抜歯

親知らずについては、「すぐに抜くべきとは限らない」というのが現在の歯科医療界の見解です。ただし、依然として「抜いておくべき親知らず」も存在しますし、放置することでお口環境を悪化させてしまうものもございます。抜くべき?残すべき?の判断は、ちよだの森歯科診療所の経験豊富な歯科医までご相談ください。群馬県邑楽郡を中心に広く患者さまを受け入れている当院が皆さまのご来院をお待ちしております。

トップへ戻る